さらに見る

さらに見る

  • Omaggioミニ1

    2016.12.02

    KÄHLER

            北欧の雰囲気漂うOmaggio Vase(オマジオベース) 花を生けなくて…

  • アイキャッチ

    2016.11.25

    こだわりたい食器

    気が付けば食器がすべて真っ白の物ばかりに、 なんてことありませんか? 白は使いやすいですが、カラフルな食器も食卓を華やかにしてくれ…

  • LBLアイ

    2016.11.07

    Kai Franck Fair

      iittalaといえば。 華やかな柄のアイテムもたくさんありますが、 GOMANGOKUでは teema・karti…

家具はいつも私たちの周りにいます

私たちの暮らしは家具に囲まれていると行っても過言ではありません。日中の大半はイスに座り、机に向かい、テーブルで食器を使い食事をして、ソファーでくつろぎ、照明の下で本を読む。そして夜はベッドで寝る…。ほぼ毎日繰り返される光景。それだけ私たちは暮らしの中で家具とともに生活しているのです。普段は当たり前すぎて気にしてい無いかもしれませんが、ほんの少しだけ家具や雑貨に意識を向けるだけで暮らしがずっとステキで楽しくなります。イスやソファーはただ座るだけのものではありません。食器もただ食事を食べるためだけの道具ではありません。私たちの暮らしとともにいつも私たちを見守ってくれている大切な友人。それが家具です。

自分にあった家具を見つけるには

自分にあった家具を見つける方法の第一歩は、まずは自分の生活を振り返ってみてください。毎朝何時に起き、何を食べ、何をしているのか?その傍らには必ず家具があるはずです。部屋の中ではイスに座っていますか?それともソファーですか?床にラグマットを敷いて座っていますか?食事はイスに座ってテーブルで食べますか?それとも床に座ってローテーブルで食べますか?ベッドで寝ていますか?布団ですか?またあなたの趣味はなんでしょうか?ソファーに座っての読書でしょうか?それではお気に入りの照明が必要ですね。それともお料理でしょうか?あなたの作ったお料理により輝きを与えるためにはステキな食器やグラスを揃えてみてはいかがでしょうか?

家具選びのポイント

お部屋に最適な家具を選ぶための注意点として、スペースとのバランスがよいサイズを知ることです。そのために、まずはお部屋のサイズを正確に測ってみましょう。家具の位置を決めたら、窓の位置やドアの開閉スペース、そして人が通るスペースも確保できるように考えてみてください。意外と見落としがちなのが、搬入するための経路の確認です。お部屋に入らない!なんてことがないように、廊下や室内の曲り角もチェックしておきましょう。また収納家具を選ぶ際は家(部屋)にある荷物がどれだけあるのか、今後どれだけ増える予定なのかを考慮して家具選びをしてください。お部屋全体のサイズを測ったら、具体的にイメージしやすいよう、図を描いてシミュレーションしてみてください。イスやソファー、テーブル、ベッドなどを描き込んでみるとよりイメージが湧いて来ます。