[column] スツールの最適解 2017
2017.12.11


 

スツール[stool] 背もたれのない、一人用の椅子。

大抵の場合は場所も取らず、持ち運びも容易なため、

家に一つはあると助かる家具のひとつです。

 

しかしいざ購入しようとなると、大小、デザインも様々な種類があり、

どんなものを選べば良いか迷ってしまうこともあるのでは?

というわけで、今回はスツールの高さ別に、使いやすいシチュエーションをご紹介します。

 

 

①高さ 40~45cm程度

 

 

P1018709

 

 

この高さは一般的なダイニングチェアの座面と同じ高さ、

すなわちダイニングテーブルやデスクと組み合わせての使用に適しています。

1~2脚でも持っていると、急な来客時にもサッと使えて便利。

複数購入する場合、スタッキングタイプなら、使わない時でも場所をとらずに収納できます。

 

写真左   LISIO Stool ¥19,440(tax in) Φ390×H435

中央  EDDA  stool ¥25,900(tax in) W600×D320×H520(SH 450)

右   SD601 スツール ¥27,000(tax in) Φ320×H420

 

 

 

 

②高さ 50~55cm程度

 

 

P1018720

 

 

中途半端な高さと思われることが多いですが、

個人的には玄関に置いて使うのがおすすめです。

特に冬場、ブーツを履くときに大活躍。

仕事や買い物から帰ってきて、「とりあえず」荷物を置くのにも便利です。

(「とりあえず」と言いつつ、ついつい置きっぱなしになるのはご愛敬)

 

whisky oak stool ¥19,400(tax in) Φ330×H510

 

 

 

 

③高さ 60~70cm程度

 

 

P1018758

 

 

いわゆるハイスツール、というやつですね。

高さ80~90cmくらいのカウンターに合わせて使うのがベストです。

座面が回転したり、高さを調節できるタイプもあります。

何より、カウンターにおしゃれなスツールが並ぶだけで、お部屋の雰囲気がぐっと良くなりますよ。

 

写真左 CONVEX Ⅲ STOOL (L) ¥14,904(tax in) Φ410×H620~820

右 socph school high stool ¥10,584(tax in) W335×D275×H680

 

 

 

そもそも自分がスツールを買うのに、いろいろ検証してみたいがゆえに書いたこの特集。

多少なりとも皆様のお役に立てば幸いです。

さて、どの子を家にお迎えしようかな~

 

 

 

藤原

 

 

詳細は当店スタッフまでお気軽にお問合せください。

 

GOMANGOKU

〒444-0073

愛知県岡崎市能見通り2-3

TEL : 0564-23-2528

mail : info@gomangoku.jp

OPEN : 10:00~19:00 木曜日定休(祝日除く)